前へ
次へ

複利で不動産の投資をするメリット

投資用語の1つに、複利があります。
資産運用で稼いだお金を使って、運用額を増やす方法です。
不動産物件でも、複利でお金を増やすことはできます。
手間は若干増えますが、利益額を増やすことも可能ですから、前向きに検討してみる価値はあります。
例えばある時から資産運用を始めて、2000万円ほど資産を増やす事ができました。
そのまま資産運用を続けるのも悪くありませんが、その2000万円という資金を使って、新たな物件を保有してみるやり方もあります。
2000万円ぐらいあると、追加で物件を購入する事は十分可能です。
物件の数を増やせば、その分利益額を高める事も可能です。
例えば物件1つにつき、年間100万円は収入を得る事が可能だとします。
その物件が2つになれば、収益額は倍増するでしょう。
もちろん4つなら400万円になります。
その400万円の資金を使って、更に物件の数を増やしていくのも悪くありません。
実際人によっては、そのやり方で物件の数を増やしていき、かなりの収益を得ている事もあります。

none

ちなみに不動産物件の数を増やす事は、リスクヘッジにもなります。
そもそも物件による資産運用にはリスクはあります。
しかし物件を複数保有しておけば、損失額を限定する事も可能です。
例えば物件を4つ保有している場合、たとえ1つの物件の収益率が微妙になったとしても、まだ3つ物件が残っています。
他の物件があるなら、何とか順調に運用できる事も多いです。
ですから上記のように複利で物件を増やすやり方には、大きなメリットがあります。
ただし投資物件の数が多くなるという事は、それだけ手間も増える事にはなります。
2つの物件を保有すれば、手間も2倍になるでしょう。
しかし物件の管理は、専門業者に代行してもらう事もできます。
専門業者を上手く活用すれば、それほど手間が増えない事も多いです。
何よりも物件の数を増やしますと、それだけ収益率を高められる訳ですから、メリットは大きいです。

Page Top