前へ
次へ

冠婚葬祭の意味を知っていますか

冠婚葬祭という言葉を知っていますか。新聞やネットの広告あるいはテレビCMなどで、誰でも一度は目にしたり聞いたりしたことがあるでしょう。しかしその意味を正確に理解し、誰かにきちんと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。ここでは「冠」「婚」「葬」「祭」のそれぞれの意味を、特に「葬祭」の部分に注目しながら考えてみることにします。冠婚葬祭とは人がこの世に生まれてから亡くなるまで、そして亡くなった後に行われる重要な儀式のことです。「冠」「婚」「葬」「祭」の四文字には、それぞれ個別の意味があります。具体的に言えば「冠」は成人式、「婚」は結婚式のことです。そして「葬」は葬儀を指し、人が亡くなった際に行われる一連の儀式を意味しています。つまり故人の霊を弔うために執り行う葬式に加えて、前日の通夜及び葬式後の火葬や遺骨を墓所へと葬る納骨までを指す言葉です。また「祭」とは亡くなった家族や先祖の霊を慰めるために行われる諸行事のことで、法事やお盆などがこれにあたります。このように冠婚葬祭の「葬祭」の部分と、「葬儀」「葬式」はそれぞれ異なる意味を持っています。一見どれも似たような言葉に思えてしまうので誤って捉えられがちですが、正しくは「葬儀」は「葬式」を含み、「葬祭」は「葬儀」を含むという関係性になります。一般の間では混同して使用されているケースも少なくありませんが、いざという時に恥をかかなくて済むように本当の意味を知っておいた方が良いでしょう。冠婚葬祭はどれも人にとってとても大切な儀式です。時代や社会の移り変わりによりその形式は変化し、最近では多くの場合で簡素化へと向かっています。特に「葬祭」ではその傾向が強く見られ、身内のみで行う家族葬や宗教にとらわれない自由葬なども年々増加しています。また法事についてもできるだけ小規模で済ませたり、中には取りやめてしまうケースさえあります。それが一概に悪いとは言えませんが、これらは成人式や結婚式とは異なり人が亡くなった後に行われる行事です。残された遺族は葬祭を自分たちの都合のみで捉えるのではなく、故人への思いを込めて葬儀や法事を執り行う必要があるのではないでしょうか。

ここから

Aeropure (エアロピュア)

専門書

Page Top