前へ
次へ

不動産投資の資金をローンで調達する

不動産投資の物件を購入するとき、ほとんどの人はローンを利用しています。
自己資金は1~2割で、残りはローンという人が多いでしょう。
ローンを利用する上での注意点は、利息のつく借金であると自覚することです。
上手に借金のできる人は、不動産投資の成功率が高くなります。
具体的には低金利の金融機関から資金を調達することで、高額融資を受ける状況ほど金利は重要な意味を持ってきます。
たった1%や0.1%が非常に大きいと認識しておく必要があるでしょう。
低金利で借入をするためには、無理のない借入に抑えることが大切です。
例えば調達する金額が1000万円と2000万円ならば、前者のほうが審査で有利になるのは間違いありません。
ローンの審査は希望額によって合否が左右されることが多いので、身の丈にあった物件選びが基本になります。
理想的なのは安くて高い入居率を期待できる物件を見つけることです。
格安物件を探すときは、そのまま住めるのかリフォームが必要なのか見極めておく必要があります。

Page Top