前へ
次へ

不動産投資は生命保険のかわりになる

人はいつ亡くなるのか分からず、残された家族の生活のために生命保険に加入している人は結構いるのが現状です。
実は不動産投資は生命保険のかわりになる、そういった魅力もチェックしましょう。
具体的にいうと、投資物件を購入して融資の返済がまだ途中だったとしても、融資を受けている人がなんらかの理由で亡くなった場合や、高度障害状態になった場合には、団体信用生命保険が下りるので、金融機関への返済する必要がなくなります。
投資物件はそのまま残り、借主がいれば遺族は家賃収入を得られ、また不動産投資をしたくなければ不動産を売ってしまえば売却代金が手に入ります。
なお団体信用生命保険は加入する際に審査があることに注意が必要で、健康状態が悪いとダメな場合があることに注意が必要です。
また生命保険は別途加入しても問題ないですが、複数の保険に加入していると、総額の保険料が高額になってしまうので、必要に応じて見直しをした方がいいでしょう。

Page Top